記事一覧

2015 島根県温泉津ツーリング  その1

10/31~11/3に行って来ました。島根県温泉津。  今年で3年連続3回目。

島根県まで直接行くとしても10時間程の道のり。 ロングツーリングなのである。

前日からバイク友達が島根県に入っていて我々夫婦は翌日に追っかけるようにして向かいます。
出発は31日のPM7:30頃。
温泉津 コンデジ 017


厚木ICから東名高速に乗り、最初の休憩浜松SAで給油をし眠くならない程度の腹ごしらえ静岡おでんを
頂くことに。
流石にこの時期の夜は冷えてくるので、さっそく電熱ウェアーのスイッチをON(中度)にしていました。
温泉津 コンデジ 022今回浜松SAでバイクの写真(上)を撮ったのですが照明が良いのかバイクがやたらキラキラに写ってるのです;;


先を急ぎます。
浜松SAから草津PAまでを走り抜けます。約200キロ
草津PAで少しの休憩と給油。温泉津 コンデジ 023

温泉津 コンデジ 025草津PAは東海道と中山道の分岐地点だったのでしょうね~ この碑を見て初めて知りました。
既に草津PAではAM1:00頃になっているのです。 ここで先発して温泉津で熟睡していると思われる仲間に
Lineを送りますw 草津なう と。 
草津を出る前に次の休憩場所を決めます。 山陽道の龍野西SAにするかもしくは吉備SAにするか。
草津PAから龍野西SAまでは160㎞。 吉備SAまでは230㎞。 ガソリンは吉備SAまで余裕で持つ計算。
昼間ならへっちゃらな距離ですが流石に夜中の走行なのでちょっと弱気になり龍野西SAに決定したのです^^;
龍野西に着いたときはAM3:00頃。 
温泉津に行くまでの寄り道の一つ目は、「倉敷の美観地区」 ここはAM4:00~AM7:00までしか車両の通行が出来ないエリアなので時間調節がちょっと難しいのです。 AM6:00頃着けば丁度明るくなり具合がいいのでAM5:00頃に出発予定。それまで仮眠をします。


良い所です「美観地区」 古い街並みファンにはたまりません。
温泉津 D7200 001

温泉津 D7200 003

温泉津 D7200 014

温泉津 D7200 016

温泉津 D7200 019

温泉津 D7200 044

温泉津 D7200 063

バイクの画像を沢山載せてみましたw
我々の他にもカメラを持って散策している方が結構居て、車を乗り入れて撮影している方もいました。
腕があったらもっと絵になる写真が撮れたのではと思います;;

「美観地区」をしっかり目に焼き付けて、次なる寄り道計画の場所へと走ります。
倉敷から1時間くらい西へ走った所で、ちょっと前に「流星ワゴン」というドラマの舞台となった「鞆の浦」です。
ここも古い街並みが堪能できます。
鞆の浦に到着したのはAM8:00でした。ここは徒歩で散策するので、バイクをどこかに停めなくてはなりません
で、あらかじめ調べていた鞆の浦観光情報センターに駐車する予定でしたが。。AM9:00からと書いてあり
あと、1時間もあるじゃん;; 待つことも出来ないので、もう一つの方法として、仙酔島までの船に乗るとバイクを船乗り場脇の歩道に停めても良いという地元ならではの法則的なものがあるらしいと事前情報がありw 船に乗ることにw
そうすると、このような感じで無料駐車が可能なわけでw
温泉津 D7200 193
バイクも停めたことで、さっそく「平成いろは丸」に乗船し仙酔島へ温泉津 D7200 090

温泉津 D7200 065

温泉津 D7200 088
10分程度の航海で仙酔島へ到着します。
温泉津 D7200 092
岩のトンネルや
温泉津 D7200 103
瀬戸内の砂浜や国民宿舎も。
この島は仙人も酔ってしまうほど美しいことから、仙酔島と名付けられたそうです。(wikipediaより)

さて、仙酔島へちょっと寄り道した後は鞆の浦を目指し散策を開始します。
温泉津 D7200 104

温泉津 D7200 108いろは丸事件談判跡

温泉津 D7200 111右から書かれている看板の文字は時代を感じさせます
温泉津 D7200 116こちらの文字も右からでした なんか感動~w

温泉津 D7200 118
鞆の浦で個人的にメインと思っているのは「常夜灯」なのです。
温泉津 D7200 130これです。これ。 これを観たかったのです^^
常夜灯の前にバイクを停めて撮影したかったのですがかなり難易度が高かったので無理でした。。

温泉津 D7200 138落ち着いた港湾です。
温泉津 D7200 176ここからの景色が最高ですね~~^^

温泉津 D7200 172流星ワゴンの撮影で使用されていた丸忠総業の看板ありましたw

温泉津 D7200 185鞆の浦は保命酒が有名みたいで小さなエリアの中に酒屋が多くみられました。

温泉津 D7200 187龍馬の隠れ部屋(桝屋清右衛門宅)
1時間少々散策して鞆の浦を後にします。

最近は古い街並みが妙に興味が湧き美観地区やら鞆の浦やらと充実した観光ができました
更に嬉しいことは、温泉津に行ける事なのです^^

鞆の浦からは温泉津に向かって走って行きます。

中国道の途中 江の川PAで休憩中に先発している仲間のぱるさんから秋吉台に行くから合流しようと
連絡があったのですが、体力の限界で合流を断念^^; 

その後、浜田道で究極の睡魔に襲われ金城PAで仮眠w まじでヤバかったですw
ここで仮眠をとり浜田港で昼食。温泉津 コンデジ 030

温泉津 コンデジ 028のどぐろ定食+刺身付を頂きました。
関東で食べる刺身より美味しかったのは言うまでもありません。 のどぐろも美味しかったです。

さて、腹ごしらえを終え、温泉津温泉に向かいます。
R9をトコトコ走り、風力発電を見ると北海道ツーリングの時に見たオロロンラインを思い出します
温泉津 コンデジ 033

そして、温泉津温泉に入る少し手前辺りで30000キロ達成しました
温泉津 コンデジ 035これも何かの縁なのかw

無事に30000キロにもなり、温泉津温泉に無事到着しました^^


つづく。



















スポンサーサイト

コメント

No title

忠さんの家あるんだね^^
そこの仙酔島は一度泊まってみたいんよな。

何にしてもお疲れ様でした。

No title

あたしのへんな梵鐘や自販機とは違い

寄るとこが一級ですね。。

No title

鞆の浦は一度は行きたい。
じっくり散策するような感じかな? 街並み。

モリタクさん

忠さん宅しっかり見てきました(^^)それと丸忠の看板があるとは思いませんでしたね〜^^;
観光用に残したのかも。

仙酔島人が居なくて良いところでした。夜は星が綺麗そー

悶さん

芸術な梵鐘じゃないですか〜(^^) 芸術オンチですが見てみたくなる梵鐘です。
場所は一級ですが自分はミーハーなだけですf^_^;

ぱるさん

幕末に詳しいぱるさんはじっくりいいかもです(^^)
こういう所に行くと学ぼうと思うのですが思いだけに
なってしまって^^;

鞆の浦いいすよ(^ ^)

No title

しかし寝ないでよくあちこち走れるよね。
のどぐろ定食は食べたいなぁ

こんばんは
初めてコメントさせていただきます。

私も金曜からの徹夜走りは時々やりますが、メガシャキおすすめです。よろしければ一度試してみて下さいませ。

夫婦でツーリング羨ましいです。

蒼さん

夜通し走っても午前中は保てるのですが昼からが
やばくなるのですf^_^; 蒼さんも寝ずに走ってるので
変わらないかとw

のどぐろもそうでしたが刺身も関東で食べるより
格段に美味しかったです

鎌鼬さん

コメントありがとうございます。

夜走りには眠けを打破するドリンクは必需品なのですね。
次回は持参してみます。情報ありがとうございました。

夫婦共々出掛ける事が好きでのんびりツーリングしています。

ブログへお邪魔させて頂きますのでこれからも
よろしくお願いします。


コメントの投稿

非公開コメント