記事一覧

島根県温泉津へGO~

11月1・2・3日に行ってきました ロングツ~~リング(v´∀`*)
 
行き先は、しまねけん温泉津です。2年連続2回目!
 
 
3連休は雨の予報。。はい、もちろん雨の中走りました^^;
 
先発隊は前日に出ているので既に島根県付近に到着しています。
 
後発隊は10月31日の23:00に新東名浜松SA集合なので、僕は仕事が終わって速攻で帰って来てバイク荷物を積んで20:30に出発しました^^

出発時は雨は降っていませんが、間違いなくこれから雨に突っ込むので、バッグは雨養生をします。 でも、合羽は未着用です。
 
東名に入り広域情報で大井松田~足柄雨走行注意と表示されていたので
中井PAで合羽着用です^^;
 
でもでも、浜松SAまで雨降ってなく、ラッキーって感じでしたd(*^v^*)b
 
 
浜松SAへ着くと後発隊の御二方既に到着していました^^
雨情報をスマホで確認してみるとここから西は殆ど雨どす^^;
雨と戦う気持ちで、西へ出発します トリャァ!!(*`・д・)_
 
次の休憩ポイント草津PAです約200㌔一気に駆け抜けます。
途中、豪雨だったり小ぶりだったりと走りずらい状態でした
草津PAでちょっと腹ごしらえして、雨の中先へ進みます^^;
当初は200㌔毎の休憩の予定でしたが、雨と眠さと怠さで距離の短縮です
 
で、次の休憩は中国自動車道の加西SAです。

どしゃ降りです^^; 
ここで、休憩です。
雨で心が折れそうになります(^_^;)
 
ここで長い休憩を取るよりも米子道に入ってから取ろうということになり、
米子道の蒜山高原SAへ向かいます。
 

蒜山高原SAに到着した頃には明るくなってきました^^
 
 

 
到着して数分後に売店が開き、うどんを頂きます^^

冷えた身体が温まります^^
癒されるなぁ~~ (ノ^ω^)ノワーイッ♪
身体が温まったところでバイクにも燃料を入れて雨の中突入します♪
 
 
かなり端折りましたが。。
山陰道の宍道PA到着します^^

 

ここでなんとなく雨は上がったような感じでしたが合羽は脱げません!!
 
休憩中に先発隊や島根県民や九州周辺から向かう方と連絡を取り
三瓶山で合流することになります^^

天気がよければ綺麗な三瓶山が見れたはずなのにちと残念^^;
三瓶山は日本百名道になっているのです^^
 
丁度昼時だったので三瓶蕎麦をいただきます。

ごちでした♪
 
お腹がいっぱいになったら眠いです;; それはそうです、一晩中寝ないで
走っているのですから・・・(・∀・i)タラー・・・
 
食べた後は温泉津へ向かいます。三瓶山から温泉津まで眠いこと、何回も落ちそうになりました(A;´ 3`) ぁせぁせ
 

 

去年に続きまたお会いできた温泉津の街並み
レトロ感がたまりません!
何十年も街並みが変わっていないそうですw 魅了される街並みです
 
 
 

ここは薬師湯。去年入ったので今年は外見を見るだけw
大正初期に建てられたままです。
 
初日に入浴したのは、泉質が薬師湯と同じで今回お世話になる旅館の
温泉です。
いい湯でしたぁ~^^
 
 
温泉に入った後は、お食事^^

温泉津唯一のおしゃれスポット「路庵」
 

かんぱ~いから始まり、美味しい料理をたらふく頂きました^^
 
その後は、宿に帰り爆睡ですZZzz…(。-ω-)。。ooO
 
 
翌日。
バイクで中国地方をツーリング予定でしたが、雨が激しかったので
車で島根観光です。
先ずは、世界遺産の石見銀山(^^)

 

中は狭いですw 

やっと一人入れるようなところを掘り続けてる
穴もありました
 
次は、三瓶小豆原埋没林です。

約4000年前のスギらしいです。
 
以上観光は終わりですw
2日目の夜は鍋を作るので、宿に帰る途中にイオンで買い出しです

美味しく鍋いただきました。 ナオトさんゴチでした^^
 
 
2日目に入った温泉は元湯です

1300年前からの古湯として知られています。湯治場として利用されていました
泉質は個人的に好きです。鉄分と塩分が多いかな。
 
さてさて、温泉津に来た最大の目的は、「神楽」を見ることです


いや~ 見応えあります。 朝方までやっているので
最後までは見れません。 
いつか、最後まで見てみたいです^^
 
 
 
 

翌日、温泉津の街を後にして家路へと向かいます。
 
帰りは、米子道の蒜山高原SAから流れ解散ですw
帰りはほぼソロツーですwww
 
途中、昼食や給油やトイレをし、約11時間程走り
自宅に到着です^^
 
 

 
総走行距離1676㌔ 走ったなぁ~(^o^)
 
 
 
モリタクさん宿手配ありがとうございました。
参加された皆さまありがとうございました。
 
また、来年行きます(^^)/~~~
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント