記事一覧

2017,06 宮城県吹上キャンプ場

今回のツーリングは信州を計画していたのですが、予定変更で「Hokkaiderみちのくキャンプ大会」に参加することにしました。

Hokkaiderの名付け親「小原信好」さんにも会えるというチャンス。



出発はいつもの通り夜。

峠駅051

今回はキャンプなのでフルパニア+70Lのバッグと総重量300㎏は超えているのではと思うくらい

重いのです(^^;)



圏央道を北へ走りあまりの寒さに菖蒲SAで上着を追加。

6月といえどまだ夜はさぶいんすね~w( ̄o ̄)w


夜出発して一気に宮城まで行くのは無理なわけで。

東北道の那須で休み明るくなってから吹上キャンプ場へ向かいます。



キャンプ場までの道のりは雨に当たらなかったのですが、到着して間もなく雨と強風。

いわゆる暴風雨ってやつでした;

峠駅056


峠駅060

強風の中、何とか設営して今夜の寝床を確保o(^▽^)o



夕方にイベントがあるので、それまでダラダラと時間を潰します。

この天候では焚き火はできませんでした。


峠駅065

イベント本部も着々と準備が進んでいきます。

ここではHokkaiderグッズが販売されています。 もちろんTシャツとステッカーをゲット!!


峠駅067

今回参加ライダーの方々も自分のスタイルで設営しています。




峠駅072

定刻になりイベント開催。

でしたが、強風で難しいと判断されて、トークショーが延期になり(明朝行うことに)

じゃんけん大会を行い本日は解散になりました。



夕食を摂ろうとしていた時、小原さんが「宴会来ませんか」とお声を掛けてくれたので

迷わず「行きます」と返答。

北海道話を聞けて楽しい時間を過ごすことができましたo(^▽^)o




翌朝。

峠駅081

テント内でパンを焼き朝食を頂きます。


峠駅082

少しの晴れ間も出てきて気持ち良い朝を迎えられました。




昨日延期になったトークショーが開催され、終了後は自由解散にまります。

峠駅084

いや~~楽しかったな~^^




吹上キャンプ場から下山するとそこは有名な鳴子温泉郷なのです。

ここまで来て入らないわけにはいかないので浸かって来ました。

峠駅086

コールタール臭の温泉。

個人的にはこの臭いが好きなんですよね~



峠駅094

お世話になった温泉は東鳴子温泉の砂善旅館日帰り温泉です。


身体がぽかぽかになったところで家路に向かいます。






峠駅095

走行距離1068㎞



今年の夏に北海道でどんな景色に出会えるのか今から楽しみです。




では、また(´・Д・)」







スポンサーサイト

コメント

トップケースの取付

はじめまして
突然の投稿で失礼します。
先日、2016年式のFJR1300A を購入しました。
GIVI のモノキーベースを取り付けたいのですが、2016年式用は見当たりません。ところが、ブログを見ると、GIVI のケースをつけておられる。
もしよろしければ、フィッティング等をどうされたのか教えていただければ幸いです。

umasayoさん

コメントありがとうございます。
返事遅くなりすみませんm(__)m
私が購入したベースは
GIVI(ジビ) バイクモノロックケース用スペシャルキャリア(E228M) FJR1300AS/A 94025
です。
ベースをモノキー用に変更しています。
キャリアはボルトオンで取り付け可能です。
宜しくお願いします。

No title

返信ありがとうございます。
2015年までのもので使えそうですね。
とても参考になりました。

コメントの投稿

非公開コメント